..HOME..
..KCPとは.
..登山報告.
..メンバー紹介.
..登山基礎知識.
..メール会員.
..リンク集.
番外編:九重連山 三俣山




日時:2009/3/21(土) 曇時々晴
場所:大分県 九重連山 牧の戸〜御池
参加人数:5名

  09:00 レストハウスやまなみ
  10:00 九重登山口
  11:00 すがもり小屋
  11:30 三俣山西峰
  12:05 三俣山本峰
  13:00 すがもり小屋

  14:45 九重登山口

 
3月21日(土)、この日は、国土交通省まちめぐりナビプロジェクト「やまナビ」との連携で
すがもり越、三俣山西峰、本峰、指山にQRコード設置作業の予定です。

レストハウスやまなみで、九重・飯田観光協会、くじゅうネイチャーガイドクラブの方と打ち合わせした後、長者原からすがもり越へ向かって出発です。今回は、KCP九州登山倶楽部のメンバーにもお手伝いで参加してもらいました。
天気は快晴。登山客もだんだん増えてきているようです。

この話の前に。QRコード設置について、軽く説明させてください。
2009年3月8日より、大分県くじゅう連山一帯で、携帯電話を利用した登山管理システム「山歩きナビ」が社会実験として導入されました。このシステムを私が担当しています。4月から本格的にPRを行う予定です。
登山をされる方には、是非ご利用して頂きたいシステムです。
詳しい説明は、追々このブログから発信します。

戻りまして・・・長者原を出発してしばらくすると、硫黄山の噴煙が見えてきます。
この日は、かなりの強風で噴煙が渦巻いています。硫黄山道路までガスが流されてきます。
すがもり越でQRコードを設置後、三俣山西峰へ移動。本峰あたりで食事を考えてました。

本峰まであと少しのところで、南峰から煙が見えます。野焼き?のはずはありません。
コンロで何かを焼いているような小さな煙でもありません。
南峰山頂には、まだ3,4人の登山客がいます。
ほどなく、南峰から下山してきた人が、「火事です!コンロがひっくり返ったようです。」
ひっくり返したのは、ご夫婦だったようで、消息が不明とのこと。
火事は、竹田署に、通報済み。

相変わらずの強風が続いています。
おまけに、山頂は、乾燥した草やミヤマキリシマが一面を覆っています。
あっという間に、火は山頂に向かって炎を上げています。

山頂では、我々登山者は、通報して状況を説明するくらいしか出来ず
安全に非難することを最優先にしました。
火事を知らずに登ってきている登山者に口頭で、引き返すよう説明をしながらの下山です。

下は、西峰からの写真です。
強風であっという間に、燃え広がっています。

西峰から、すがもり小屋へ下る途中で、レスキューの方とすれ違いました。
火事の様子を調査しに行かれてたみたいですが、すごく軽やかに登って行きました。日頃の鍛え方が違うんでしょうね。。。

すがもり小屋に到着して、休憩しているとヘリが久住山方面から数台飛んできました。
しばらくすると、水をぶら下げたヘリが何機も飛んできて、消化活動が始まったようでした。

硫黄山道路の終点あたりには、消防車数台と、警察車両が停まっています。
我々が、硫黄山道路に付くころには、鎮火したようで、消防車は引き上げていきました。

状況説明の質問が電話で入ってきたようで、予定していた、指山のQR設置は次回に後回しにして下山しました。
長者原ビジターセンターで火事の状況説明を終え、この日の作業は終了です。

先ほど、ニュースで見ましたが、約1ヘクタールを焼いたみたいです。1ヘクタールとは100m四方といったところでしょうか・・・
幸いにして、けが人もいないとのこと。出火したご夫婦は、おそらく坊がつる、雨ヶ池方面に下山されたと推測されますが
まあ、無事だったようで、ホッとしました。

今回、思ったこと・・・
強風、枯れ草、コンロ、不安定。この条件が揃っていれば、火事を想定できると思います。
この火事で、大勢の人が労力を使い、心配し、計画を変更し、そして大切な自然を破壊しました。
とても悲しいことです。

こういうときこそ、「山歩きナビ」というシステムが少しでも役に立てばいいと思います。
例えば・・・
@今回のような、火災が発生した緊急の場合、
長者原や法華院温泉などで、その日にQRコードを読み込んでいる登山者に対して
緊急連絡メールが届くような仕組みも実現可能となります。

A登山の基礎知識などで、事故を未然に防ぐことができます。

これから、いろんな意見を聞きながら、進化していくシステムです。
6月の山開きまでには、本格稼動を始めます。
登山をされる方は、是非「山歩きナビ」への登録をお願い致します。
◆パソコンはこちらから
http://103.route11.jp/


▼メンバーの感想
こんなときに、山歩きナビが有効活用できたら、便利なシステムになりますね。 by 1号 (2009/03/30 18:59)

初めて目の前で山火事に遭遇しました。すがもり越えまで下ってからの食事でコンロを使うのはちょっと気が引けました・・・。 by H.Hara (2009/03/30 17:32)

name: pass:


Copyright(C)2005 KCP. All Rights Reserved.

.