..HOME..
..KCPとは.
..登山報告.
..メンバー紹介.
..登山基礎知識.
..メール会員.
..リンク集.
番外編:トレッキング 中岳〜天狗ヶ城




 日時:2005/09/17(土)晴れ時々曇り
 場所:九重連山 中岳(1791m)〜天狗ヶ城(1780m)
 参加人数:3名


  08:00 太宰府IC

  09:20 九重IC

  10:50 牧の戸峠登山開始
  12:30 久住わかれ
  13:15 中岳(昼食
  13:45 出発
  14:15 天狗ヶ城
  15:00 久住わかれ
  16:15 牧の戸峠

 今回もKCP定期登山ではありませんが、急に行きたくなったので散歩してきました。
 3連休ということもあり、10:30で牧の戸駐車場は既に満車状態。路上にもかなりの台数が

 駐車しておりました。我々は牧の戸からちょっと瀬の本方面に下ったところに停めて出発。
 快晴だったので、少し歩くと汗ばむくらいの高い気温でした。
 牧の戸から第二展望台までの急勾配でいつも凹むので、今回は牛歩のようなスローペースで
 歩いていきました。この作戦が功を奏して、第二展望についても全然呼吸が乱れてません。
 

 沓掛山からはいつものペースに戻し、一定のリズムを保って久住別れへと向かいます。

 真夏と違って標高が高くなるにつれて涼しくなっていきます。

 虫も少なくなって、とても歩きやすいです。

 この日は、親子で登る久住山体験ツアーみたいなイベントがあってたらしく、ほんとに大勢の

 親子がいました。(写真参照)牧の戸〜久住山コースは不動の人気ですね。

 

 登り始めの作戦がよかったのか、休憩もほとんどせず久住別れへ到着。
 新しく出来たトイレへ初めて入りましたが、ほんとに綺麗でした。
 以前は非難小屋の裏にやりっぱなしのトイレしかありませんでしたが
 現在はバイオの力で、排出物を分解してるんですね。すごいですね。
 しかし、誰が清掃してるのでしょうか?

 特殊な場所だけに、登山者一人一人の心がけが大切ですよね。

 そういえば、登山道の途中にタバコの吸殻が落ちていました。

 喫煙するのは、一向に構いませんが常識のない人がいることがとても悲しいです。

 

 私自身、中岳は久しぶりでした。途中に見える御池は突然目の前に現れるのでいつもながら

 おお!と声が出てしまいます。台風での大雨の影響でしょうか、いつもより水深があったように

 感じました。御池のすぐ上にある天狗ヶ城にはかなりの人で溢れかえってました。

 ここから中岳は急に登山客が減ってきます。そのまま稲星山へ向かえば更に人は減りますが

 今回は中岳へ。そこで昼食をとりました。

 いつものコンビニ弁当を口にします。そして発見しました。コンビニ弁当って味が濃すぎます。

 温めてないのもあるかもしれませんが、体に悪そうな味です。

 外で食べるからか、歩きつかれて味覚が研ぎ澄まされているのか、まじで濃いです。

 ポカリをごくごく飲みました。

 30分ほど、休憩して天狗ヶ城へ出発です。
 中岳から天狗ヶ城への尾根はとても景観がいいですね。ほんとに尾根って感じです。

 天狗ヶ城山頂までは、少し急勾配です。両手を使わないと登れません。
 しかし、そう長くも続かずほどなく山頂へ。眼下に見える御池はまた絶景かな・・・

 ここからの景色は、御池と空池、中岳、久住山が一度に見れるので個人的に好きですね。

 そろそろ下山開始です。小石の道はズルッといくので慎重に行きますがちょっとバランスを

 崩すと、転倒の危険大です。この辺からいつも膝がじんわり痛くなってきます。
 何度も言いますが、ゆっくり作戦が成功してたのでいつもよりは快適に下れました。
 みなさんも自分のペースを見つけたら、登山へのイメージがまた変わるかもしれませんよ。

 本来、登山は立ち止まって景色を見たり、植物に触れたり、人それぞれ目的は千差万別です。

 
 予定時間ほぼぴったりに牧の戸峠へ到着。

 そのまま車に乗って、長者原へ。いつものジョッキ牛乳をごくごく飲んで生き返ります。

 そして心地よい疲労を感じながら、福岡へ帰りました。。
 


▼メンバーの感想
今回はのんびり景色を楽しみながら^^ こんな感じもいいね。 by Yusuke (2005/09/28 09:07)

久々の御池はよかったです。早く冬にならないかなぁ。。 by 1号 (2005/09/28 01:09)

name: pass:
 

Copyright(C)2005 KCP. All Rights Reserved.

.