..HOME..
..KCPとは.
..登山報告.
..メンバー紹介.
..登山基礎知識.
..メール会員.
..リンク集.
番外編:雪山登山 牧の戸〜久住分かれ




 日時:2005/12/23(土)晴れ のち雪
 場所:九重連山 牧の戸〜久住分かれ
 参加人数:2名


  08:30 太宰府IC

  10:00 九重IC

  11:40 牧の戸登山開始
  12:10 沓掛山山頂
  14:00 久住分かれUターン
  16:00 牧の戸

 先日から降り続いている雪で、くじゅうでは相当な積雪量のようです。
 今回は冬装備を整えているメンバーでないと無理な登山でしたので、番外編としました。

 出発前夜に体調不良のメンバーも出て、結局2名での登山となりました。
 
 前日まで、高速道路も九州全域で通行止めとなっていましたが、当日は解除されていました。
 予定通り決行です。10:00九重ICを下りると、早くも路面が凍結しています。

 さっそく、チェーンを装着。半年前に4駆に乗り換えて初めての冬でしたので、チェーンも

 はじめてのタイプでした。練習ビデオでは、綺麗なおねえさんが、笑いながら55秒で装着して

 ました。そのビデオを10回くらい見てたので、僕なら45秒くらいかなと思っていましたが・・・

 理想と現実は違うんですね。。。まあ、しかし10分くらいで装着して、いざ出発です。
 

 九酔渓コースは豪雨で通行止めになっているため、四季彩ロードを通ります。

 天気もよく青空と白い雪のコントラストがとても綺麗でした。

 路面もアイスバーンではなく走りやすいです。いい調子で長者原に到着です。

 しかし、牧の戸方向を見ると厚いガスがかかっていたのでちょっと気になってきました。

 牧の戸駐車場11:00ごろ到着すると、車は10台くらい停まっています。

 売店も普通にあいていましたが、駐車場が除雪されていないのでスタックしている車が

 すでに苦労してました(^^;ゞ

 

 この時、天候は曇り。第二展望あたりから視界が悪いなと思いましたが、すでに数名の

 登山者が入山しているようでしたので、トレースあとを辿って行けるところまで行くことにしました。

 第一展望までの積雪は50cmくらいあったと思います。木々に囲まれている道なので、風も泣く

 しーんと静まり返っています。雪道ってほんとに神秘的なんですよね〜。(写真2枚目)

 第一展望に付くと、障害物がなくなり、いきなり強風が吹きます。汗が引くと寒いので

 休憩もそこそこに出発です。第二展望に到着すると50〜70cmはあったような・・・

 休憩用の長いすが消えて、かろうじて阿蘇五岳の案内板が出ています。(写真4枚目)

  備え付けの鏡(なぜだ!)で、一応顔を見る。

 

 沓掛山から先は、ほとんど岩も出てませんでしたがトレース後がくっきりしてましたので

 道ははっきりわかりました。しかし、雪深いところに足を入れてしまうとスボッ!っと

 片足が全部埋まってしまう状態で、歩くペースはかなり落ちていました。

 扇ヶ鼻分岐手前で数名の登山客と軽く会話をして、追い抜き先を行きます。

 星生山分岐あたりから少し風が強くなってきました。

 ここで時間と天候を見て、目的地を御池から久住分かれに変更。

 しかし、久住分かれ手前の軽いUP、DOWNのところで天候が一変しました。

 強風で真横から雪が顔を容赦なくたたきつけます。

 久住分かれまで、行こうとしましたがトレース跡も強風でかき消され視界が5m。。

 んーここまでか。。非難小屋を目前にUターンです。

 

 帰り道は終始吹雪いていました。さっきまであったトレース跡もなくなり、あとはかろうじて

 見える周りの景色とポイントを頼りに歩きました。行きなれているコースなので地図とコンパス

 までは出しませんでしたが、慣れてない人は遭難してもおかしくない状態だったかもしれません。

 帰り道のほとんどをトレースしながら下山。予測違いで雪を踏むと足が届かない場所もあって

 ふくらはぎがつりそうになりました。この時期はじめに入山する人々に改めて感謝しました。

 時間はかかりましたが、なんとか第二展望へ到着。やはり鏡で顔をチェック。

 この時、16時前でしたが、なーんとこの時間と天候の中、親子風の2人組みとすれ違いました。

 こんなときになぜ?ま、まさか・・・いや、それにしてはすごい荷物だ。

 でも、どうやって寝るんだろ。。朝になったら雪の中だね。。でも意外に暖かいかも。。え?

 同行したメンバーと謎の解明でしばし悩みました。。

 

 無事駐車場について、さて、車を動かそうと思いましたが予想的中。スタックです。。

 んーこのために4駆買ったのに。。ゆっくり前後させていたらなんとなく動き出し

 グォーン!やったー!脱出成功!よかったよかった。
 2人とも半冷凍人間になっていたので、やまなみ牧場の温泉を目指しました。

 ・・・本日は閉店いたしました

 まだ、16:30なのに。。しかしなんとか旅館の温泉にたどり着きました。

 こんな日はキャンセルも多かったらしく、貸切状態でゆっくり体を解凍しました。きもちい・・

 
 それから安全を考えて、水分峠コースを選択して下界へ。
 下界に着くと雪は雨に変わっていました・・・<クリスマスソングの逆みたいで台無しですね

 

 今回は、天候が悪くなったので難儀なところもありましたが、久々の大雪登山で楽しかったです。

 一緒に同行してくれたmさん、ほんとにありがとね。

 次は大雪後の晴天を狙いますので、これにめげずにまた行きましょう・・・(^^;ゞ

  今回行けなかったメンバーの方も次回は絶対行きましょうね!!

▼メンバーの感想
痩せました..髪の毛凍りました..面白かったです。 by mako (2006/01/03 12:07)

雪山の魅力。。非現実的な感覚が好きですねぇ。。 by 1号 (2006/01/01 21:55)

name: pass:
 

Copyright(C)2005 KCP. All Rights Reserved.

.