..HOME..
..KCPとは.
..登山報告.
..メンバー紹介.
..登山基礎知識.
..メール会員.
..リンク集.
番外編:雪山登山 牧の戸〜御池




 日時:2006/2/11(土)曇り
 場所:九重連山 牧の戸〜御池


  07:10 太宰府IC

  08:15 九重IC

  08:40 牧の戸登山開始
  09:10 沓掛山山頂

  10:30 久住分かれ

  10:50 御池
  11:00 昼食
  11:45 下山開始

  13:15 牧の戸到着

 今年初の登山です。
 今回はMワンダーフォーゲル部メンバーとの登山です。

 6:45福岡の自宅を出たとき、少し暖かさを感じるくらいでした。

 このとき、既に気温7度。九重はどうなってるのだろうか?と不安になる。
 
 牧の戸駐車場8:20着。気温-1度。売店側の駐車所はほぼ満車です。
 少々風があったので、体感温度が低かったと思います。でも歩きはじめると汗をかくので
 インナーを1枚にしました。おー寒い。。8:45さて出発です。
 
 第一展望台までの道のりは、緩やかですがどこまでも継続的な坂道で息が切れます。
 雪は地面が見えない程度です。5〜10cmでしょうか?アイゼンは必要ですが登山客が

 たくさん通って硬くとても歩きやすいです。年末の大雪のときは+50cmは確実にありました。
 第二展望の樹氷はとても綺麗です。しかしガスは一向に消える気配がありません。
 沓掛山を経て、扇ヶ鼻方面へ。晴れてたらいい写真が撮れそうなんですが残念です。

 10:30久住分かれ到着。非難小屋が数メートル近く出ないと確認できないほどの視界不良。
 強風で顔が痛い・・・しかし、天候はこれ以上悪化しないと判断。登山続行。
 久住分れから上はいつも天候が急変します。特に風が半端じゃないです。

 10:45御池到着。凍ってますが、寒暖差の日が多く隆起しています。
 真ん中まで行くのはちょっと怖かったので、端っこをゆっくり歩く。まあ大丈夫でした。
 非難小屋に入ると先客で満員状態です。順番待ちをして昼食の準備です。
 今回は、カップヌードルイタリアン。初めて食べましたが、とてもイタリアンでした。
 さて、食後のコーヒーも堪能して休憩終了です。中岳が最終目標でしたが、視界不良のため
 続行断念。11:30引き返すことにしました。

 帰りはほぼノンストップで下山します。最近通ってるスポーツクラブのせいか体が軽やかです(^^;ゞ
 沓掛山の手前で、本日初の太陽が顔を見せました。シャッターチャンスだ!
 カメラの準備をしてると日陰になります。悪戦苦闘しながらなんとか数枚撮りました。
 第二展望台でも、視界が開けて樹氷がとても綺麗でした。

 駐車場に着くと車が満車状態。この日はチェーンなしで駐車場まで上れたので一般客も樹氷を
 見学に来ているようでした。みんな路駐しながら写真撮影しています。

 九州の樹氷は珍しいですからね。

 下山完了13:00。はや!時間がたっぷりあるので、温泉へ直行です。

 N君のお勧めで花山酔の露天へ・・・

 残念ながら本日露天は休業のようです。気を取り直して、星生ホテルの山恵の湯へ・・
 内湯が1つと露天が5つ。全て制覇したかったんですが、露天の冷泉だけは・・・17度って。。
 温泉でリフレッシュした後は睡魔と戦いながら、福岡へ戻りました。


▼メンバーの感想

name: pass:

 
 

Copyright(C)2005 KCP. All Rights Reserved.

.